ニュー・メタルのパイオニア、KORNの3振り、通算12枚目のアルバム。今までと比べるとHIP-HOP感が少なく、どちらかというとメタル感が多いもののキャッチーさ、ヘヴィさ、グルーヴィーさは安定しており、全曲粒揃いでヘビロテ確実の1枚。